盗聴調査

尾行 張込 浮気 素行 行動 結婚 人探し

盗聴調査

 情報機器には、その目的により、次のように分類されます。

1、室内音声の傍受。
2、電話内容の傍受。
3、音声の集音。
4、意志疎通の手段。
5、盗聴機器の発見。
6、車輌の追跡。

 室内に発信機を設置する方法は、その家庭に自由に出入出来る人間が設置したと考えて良いでしょう。
しかし、置時計や電気スタンドなどの偽装品をプレゼントされて、それを寝室に置いた場合は、そこから傍受されるので、
その偽装品を誰から貰ったかで犯人が判ります。
 家庭電源から電源を供給する盗聴器は、電線上であれば何処でも設置出来ますので、延長タップ自体が盗聴器であ
る事もあります。
 また、壁にあるコンセントの差込み口や電灯のスイッチ内部に設置されていることもあります。
建物の外部から発信機を取付ける方法もあります。
 電話線は、電信柱から建物に入る手前で、ヒューズボックス又は、端子ボックスというものがあり、そのボックスの中に
入っているヒューズを発信機と取り替えたり、端子に発信機を取付けたりするのです。


調査対象 日数 調査料金 調査完了までの平均的金額
盗聴機器発見調査 1日 5万円より 平均1日で 5万円
盗聴器設置犯人割出し 1日 10万円より 平均3日で30万円
情報機器使用調査 1日 5万円より 設置料共で平均25万円
車輛位置情報機器設置 1日 1万円より 設置料共 5日で8万円
相談無料・秘密厳守
フォームでご相談・ご依頼
メールでご相談・ご依頼
調査料金分割相談
電話でのご相談
06-6646-5844
帝国総合探偵社
大阪市浪速区敷津東2-5-17

盗聴調査

SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO